2024年05月24日

徒然なるままにPartU

こんにちは、最近、目薬が必需品になった郡山営業所の多田です。

ブログの順番がきましたので、最近感じたこと、考えたことなどを徒然なるままに書かせていただきます。毎度毎度つまらないブログですがお付き合いくださいませ。

1食物連鎖崩壊

最近テレビで見た衝撃的な映像がありましたので、これは書かずにはいられないと思いましたので、まずはそれから書かせていただきます。

その衝撃的な映像とは、日本の南のある島で起きていることですが、カマキリがスズメを捕まえて食べるという映像です。スズメが、虫を食べるために草にとまっているところを、逆にカマキリがそのスズメを狙ってあのカマで後ろから羽交い絞めのようにして捕まえてそれを食べているという、まさに衝撃的な映像でした。それはたまたまとらえた映像ではないというところも驚きです。これは、まさに食物連鎖の崩壊が起きているということです。カマキリが食べる昆虫が減り、ついにすずめを食べるようになってしまったということある。環境の変化が食物連鎖を崩壊させてしまうという典型的な1例ではないでしょうか…。


なぜ経済は成長しなければならないのか?

テレビでよく中国の経済成長率が鈍化したとか、日本の成長率がどうだったとか、昔からよく見聞きすることではありますが、なぜ、経済は毎年毎年成長しなければならないのでしょうか?現状維持あるいはマイナス成長ではなぜダメなのでしょうか?みなさん、疑問に思ったことはないでしょうか?手っ取り早く答えを出してくれるAIに聞いてみました。AIの回答は『結論から言うと、経済成長は社会の安定と進歩、個人の自由な人生の意味づけ、そして持続可能な未来を築くために重要です』だそうです。安定と進歩、持続可能な未来についてはなんとなくわかるような気がしますが、個人の自由な人生の意味づけというのはとってつけたような回答のような気がしないでもないですが…。

話は変わりますが、最近のAIの進歩はすごいと思いませんか?

だいぶ前のブログに近い将来ロボットが陸奥を旅して、松尾芭蕉のように松島あたりで俳句をつくる、そんな時代がやってくるのでは、とういうようなブログを書いた記憶がありますが、まさにもうそんな時代がそこまでやってきている、そんな気がします。


最後に、支離滅裂な内容になってしまいましたが、私が言いたいのは、食物連鎖が崩壊してしまっている現状を認識しつつ、環境保全と経済成長をいかにして両立させていくかをみんなが真剣に考えなければならない時がきているということです。つまらない話で大変申し訳ございませんが、お付き合いいただきましてありがとうございました。

posted by 日本眼科医療センター at 20:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする